ニキビや吹き出物対策を行う場合は、何と言っても自分の肌質を知る事が優先となります。
人の肌質というものは人それぞれで異なるもので、普通肌と敏感肌とオイリー肌、さらには乾燥肌などに分けられます。

hada普通肌というのは水分の量が適切な状態で、皮脂もバランス良く分泌されていて一般的に滑らかな肌です。
ニキビや吹き出物などといった肌トラブルが最も起こりにくい、まさに理想的な肌と言えます。

敏感肌の場合は皮膚のバリア機能が低いので乾燥、紫外線、さらにはホコリや菌などといった外的刺激でダメージを受けやすい肌となっています。
この肌質はニキビや吹き出物などといった肌トラブルも起こりやすいデリケートな肌と言えます。

次にオイリー肌ですが、この肌質は皮脂の分泌が非常に多くて水分も多いので潤いはありますが肌の表面が脂っぽくなってベタつくのが特徴です。
このオイリー肌は皮脂の分泌量が非常に多いのでニキビや吹き出物が最も出来やすい肌質と言われています。

乾燥肌は皮脂の分泌が最も少なくて肌の水分を保持する機能が低くなっているのでカサカサしてしまう肌質の事を言います。
白く粉をふいてしまったり、痒みを伴う事が多いですが、皮脂の量や水分自体の量が少ないからニキビや吹き出物は出来にくい肌質と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website